家電リサイクル法

家電リサイクル法

 

家電リサイクル法をご存知ですか?

 

家電リサイクル法とは、平成13年に施工されました。

 

テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫などの大きな家電は、廃棄したい人からリサイクル料を集めて部品や材料を再利用してゴミを減らすという取り組みです。

 

今まで一般家庭からでていたこれらの粗大ゴミは、ほとんどが埋められていました。
しかし埋立地にも限りがあること、資源の有効利用を目的として、家電リサイクル法が制定されたのです。

 

家電リサイクル法で決められた家電を処分したい場合

 

・小売店に連絡してリサイクル料と運搬費を支払って取りにきてもらいます。

 

・新しい家電を買った場合は、それを持ってきたときに古い家電を引き取ってもらう手配をします
この場合も、リサイクル料と運搬費がかかります。

 

・小売店がわからない場合は、家電リサイクル協力店に連絡するか自治体に問い合わせてください。
この場合も、リサイクル料と運搬費がかかります。

 

・自分で指定の引き取り場所に持って行く場合は、先にコンビニなどでリサイクル券を購入します。
詳しく自治体のホームページなどでご確認ください。

 

以前のように、粗大ごみの収集日に所定場所に置いておけば持って行ってくれるというものではなくなりました。

 

リサイクル料を払いたくないという理由で不法投棄をする人もいますが、悲しいことです。
リサイクルは家電を使った人の責任になります。面倒ですが、手順通りに処分してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成13年に施工された家電リサイクル法。 これに伴い、テレビやエアコン・洗濯機など特定の家電製品の処分にはリサイクル料金が掛かるようになりました。 また、リサイクルすることが義務付けられた為、市では回収をしておらず運搬回収は各市区町村の家電小売店が行ってます。